竹内結子に衝撃画像の黒歴史が!?子供を葬儀に参列させず非難!?

竹内結子_top_0001
ドラマ、映画、CMなどで活躍中の人気女優の竹内結子さん。

彼女にも隠したい黒歴史があるようなんですよね。

また、子供を葬儀に参加させなかったことが話題になったようです。

竹内結子さんの黒歴史と子供を葬儀にさせなかった話題について詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク



関連記事(一部広告含む)

 

竹内結子に衝撃の黒歴史?

人は誰だって隠したい過去の一つや二つはあるもの。

それは美人女優の竹内結子さんだって同じでしょう。

竹内結子さんには誰にも触れられたくないような過去があるようなんですね。

それは・・・・

『最初で最後の歌手活動』

竹内結子さんが歌を出していたのは意外でしたね!

人に見せられない画像が出回っているのかと思ったら、歌が隠したい過去のようです。

1998年公開の映画『イノセントワールド』の主題歌である『ただ風は吹くから』をリリースしているんですね。

映画初主演を務めた映画の主題歌なので竹内結子さん自身にとっても思い入れが強いはずなんですが、黒歴史扱いされているようです。

というのも、竹内結子の『ただ風は吹くから』を発売した事実は本人の公式ホームページには掲載されていないからです。

この曲の作曲はドラマ『東京ラブストーリー』や『ひとつ屋根の下』などのサウンドトラックを手がけた日向敏文さんが担当しており、癒し系の曲に仕上がっています。

MVでは映画の一場面である当時17歳の竹内結子さんの制服姿や、暗闇の中でずぶ濡れになって歌う映像を観ることができるものとなっています。

今ではかなり貴重な映像といえるでしょう!

こちらが竹内結子さんが歌っている『ただ風は吹くから』のCDジャケット。
竹内結子_0001

PVはこちら。

『ただ風は吹くから』PV

PVを見ると、歌うまいし、映像も変ではないし「なぜこれが黒歴史?」と不思議に思います。

「歌が下手だから隠したい」というわけでもなさそうです。

SMAPの中居正広さんもこの曲のことを「好きだ」と言っていて、隠れファンは意外に多いようなんです。

ですが、事務所はこの事実を抹消しているようです。

松嶋菜々子さんや北川景子さんにも黒歴史があるようですね。
松嶋菜々子ととんねるずが出演していた近未来警察072とは!?

北川景子 セーラームーンのブログ写真は黒歴史?


sponsored link

竹内結子が葬儀で非難?

竹内結子さんは映画『いま、会いにゆきます』で共演した中村獅童さんと2005年に結婚し、同年11月に息子の太郎君を出産しています。

しかし、翌年9月に中村獅童さんが酒気帯び運転で捕まり、同席していた女性が元カノの岡本綾さんだと発覚。

他にも高岡早紀さんとのデートも報じられて、竹内結子さんと中村獅童さんの間にヒビが入ります。

また、歌舞伎役者の妻として、母親として、女優として頑張っていた竹内結子さんですが、中村獅童さんの母親である小川陽子さんからは厳しくされていたようです。

いわゆる嫁姑問題があったわけですね。

中村獅童さんの浮気や義理の母との間の確執問題があって、竹内結子さんは嫌気をさしたのでしょう。平気で浮気をするような中村獅童さんに対して愛情は無かったのでしょう。

そして、結婚から3年後の2008年に二人は離婚します。

離婚後は子供の親権は竹内結子さんが獲得します。

で、2013年に中村獅童さんの母・小川陽子さんが亡くなられます。

竹内結子さんにとっては中村獅童さんと離婚してるんだから他人なわけです。

だから、竹内結子さんは通夜も葬儀も参加しませんでした。

葬儀には花を届けただけでした。

このことに対して「元の義理母の葬儀くらい、子供を連れて参加するべきだった!」と非難されてしまったようですね。

まぁ、その意見もわからんでもないが、自分が竹内結子さんの立場だったら葬式には行かないな!

「元の夫は平気で浮気をするような人間で、その母親とは確執があった」という状況だからな。

 

まとめ

竹内結子さんが世間に公表されたくない黒歴史というのは、「過去にCDをリリースしていた」ということでした。

歌を聞いてみると、上手いし問題なさそうだったのですが、何故か事務所のプロフィールから抹消されています。

また、中村獅童さんの母親・小川陽子さんが亡くなられたとき、子供を連れて葬儀に参列しなかったことが避難されていたようです。

冷静に考えて、竹内結子さんの立場だったら「参列しないでしょ!」と私は思いました。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る