宮崎あおいの鼻が元に戻った!?変な傷はあるか?

冒頭_宮崎あおい0001 童顔でかわいらしい印象のある宮崎あおいさんですが、鼻の整形疑惑が浮上しています。

2011年に俳優・高岡奏輔さんと離婚し、彼から「宮崎あおいは岡田准一と不倫している」ことを公言されましたが、それでも宮崎あおいさんは清純派女優という印象が強いです。

そのため整形とは無縁だと思っていたんですが・・・

そのところ、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

宮崎あおいのプロフィール

宮崎 あおい(みやざき あおい)

生年月日 1985年11月30日
出生地 東京都
身長 163 cm
血液型 O型
職業 女優
事務所 ヒラタオフィス

 

実は芸歴が長い宮崎あおい

宮崎あおいさんは4歳の頃に子役としてデビューしています。

 

もっと成長してからテレビにでるようになったかと思ったら、かなり幼い頃から芸能界にいるんですね。

 

宮崎あおい子役0001

 

幼い頃から芸能界にいる宮崎あおいさんだからこそ、画像が残っており、鼻の変化を見ていきやすいですね。

 

ちなみに、宮崎あおいさんのお兄さんも役者をやっています。

 

「え?そうなの!?」って思いましたか?

宮崎あおいさんの兄の記事はこちら。
宮崎あおいの兄は宮崎将!?【画像】

 

宮崎あおいの鼻の変化をを出演作品・CMで確認

鼻の整形疑惑がありますので、鼻に注目して見てくださいね。

 

宮崎あおいさんの出演作品やCMを振り返りながら、時代の流れを懐かしむとともに、鼻の変化がどこで現れているのかをチェックしましょう。

 

映画デビューは大林宣彦監督の作品『あの、夏の日 / とんでろ、じいちゃん』となっています。

 

あの、夏の日0001

 

これは1999年の作品なので、宮崎あおいは15歳、16歳頃ですね。

 

正直、小学生に見えます。

 

あの、夏の日_宮崎あおい0001

 

また、ピチレモンのモデル(ピチモ)として毎月レギュラーで登場します。かわいらしいですね。

 

こちらは2000年3月号のピンチレモンのものです。(ちなみに、この「ピチレモン」は2015年10月31日(土)発売の12月号をもって休刊。)

 

ピチレモン_宮崎あおい0001

 

すみません、まだ小学生に見えるのは私だけでしょうか・・・

 

下の画像は一気に知名度をあげることになった映画「NANA」の小松奈々役のときの宮崎あおいさんです。

 

2005年公開の映画なので20歳頃ですね。

 

私もこの作品で宮崎あおいを知りました。かわいい女優さんだなぁと思っていました。

 

NANA_宮崎あおい0001

 

宮崎あおいさんは数々の賞を受賞しているのですが、21歳の頃に44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)を受賞しています。

 

NHKの連続テレビ小説『純情きらり』でヒロイン・有森桜子役を演じたのです。

 

純情きらり_宮崎あおい0001

 

このとき、宮崎あおいさんは21歳なんですが、制服を着ても全然違和感ありません。さすがです。

 

このくらいの時期に元旦那である高岡蒼佑さんと電撃結婚されたんでしたね。

 

高岡蒼佑_0002

 

結婚式場が黒い布で覆い隠されるという状況だったのが、当時話題になりました。
宮崎あおいと高岡蒼佑の結婚式はどこの神社?黒い布?

 

宮崎あおいが22歳、23歳の頃の2008年には、NHK大河ドラマ『篤姫』で主人公の篤姫を演じました。

 

なお、放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては歴代最年少

 

篤姫_宮崎あおい0001

 

いくつか出演した作品を紹介しましたが、宮崎あおいさんの出演した作品はどれも知名度が高く、人気のあるものばかりですね。

 

ただ、残念ながらこの作品は視聴率は取れなかったものもあるんですね。

 

10年ぶりに民放の連続ドラマに出演した、フジテレビの『ゴーイング マイ ホーム』がそれです。

 

放送時期が2012年なので、宮崎おあいさんは27歳頃の作品です。

 

だからこそ、逆に見てみたくなる部分は少しあります。

 

実際にネット上ではこのドラマを高評価をしている人もいますしね。

 

ゴーイングマイホーム_宮崎あおい0001

 

いくつかの画像を見てきましたが、小鼻が大きく全体的に丸っこい可愛らしい団子鼻が特徴的ですよね。

 

実は宮崎あおいさんの鼻に注目が行くようになったのは2013年後半頃からなんですね。

 

ここから先は、それ以降の宮崎あおいさんを紹介していきます

 

warp2013年12月号です。
warp_宮崎あおい0001

 

先ほどまで見ていた画像と何か違いを感じますか?

 

私は「鼻筋がすらっとしたな」という印象を受けました。

 

2014年公開の映画「神様のカルテ2」に栗原榛名役として出演しています。

 

神様のカルテ2_宮崎あおい0001

 

2014年1月30日に行われた完成報告記者会見の画像なのですが、どうでしょう?

 

神様のカルテ2_20140130_宮崎あおい0001

 

じゃあ、次に行きましょう。

 

「神様のカルテ2」の記者会見の時よりも

 

「整形したのでは!?」

 

と言われることが多かったのがこちらですね。

 

それは、2014年3月7日に行われた第37回日本アカデミー賞です。

 

宮崎あおいさんの鼻が気になる人達は授賞式どころじゃなかったはずです。

 

え?宮崎あおいの鼻どうなってるの?」と考えていたのでは?

 

アカデミー賞_宮崎あおい0001

 

鼻で思いっきり息を吸ったときにこんな感じになりますけど、たまたまその瞬間を取られたのでしょうか?

 

シンクロの選手っぽくなってしまっていますね。

 

というよりも、洗濯バサミで鼻を挟まれたような感じになっています。

 

アカデミー賞_宮崎あおい0002

 

2014年3月12日に行われたロート製薬『SUGAO』の新CM発表会のときの画像です。

 

SUGAO_宮崎あおい0001
(出典:http://news.mynavi.jp/photo/news/2014/03/13/122/images/008l.jpg)

 

やはり本人含め、事務所側もネット上での話題は知っているみたいで、この記者会見では、鼻を撮影される機会を減らすためか、

 

「会見中に宮崎に質問できる機会はまったく設けられず、写真撮影のタイミングすらまったくなし。また宮崎と取材陣の距離も、最後まで一定以上をキープしている状態で、記者の間では『鼻をネタにイジられたくないから、写真を撮られにくくしてるんじゃないか』と言われていました」

 

とのことです。

 

2013年後半以降の画像を数枚ですが、見てみると

 

少し小鼻が小さくなり、鼻筋が通ったかな?

 

という印象を受けますね。

 

やはり、整形しているのか?

 

たまたま、顔の表情でそのように映っただけか?

 

2015年の画像も見てみましょう。


sponsored link

 

宮崎あおいの鼻が元に戻った!?

2015年1月号の「リンネル」の表紙です。

 

リンネル201501_宮崎あおい0001

 

2015年7月11日公開の映画『バケモノの子』の九太(少年期)の声を担当しました。

 

『バケモノの子』の完成披露会見での宮崎あおいさんです。

 

バケモノの子_宮崎あおい0001

 

鼻先がシュッとしていますね。

 

ただ、『神様のカルテ2』、『第37回日本アカデミー賞』のときよりは少し元に戻った?と思わせる画像ですね。

 

さすがに、「洗濯バサミで挟まれているみたい」とは言われなさそうです。

 

さきほど、ロート製薬のSUGAOという化粧品のCMに出演しているということだったのですが、現在YouTubeの公式チャンネルで見ることが可能です。

 

この動画を見て頂けるとわかるかもしれませんが、やはり、少し元に戻ったのでしょうか?

 

 

宮崎あおいは整形で劣化!?

●宮崎あおいさんには「鼻の整形疑惑」もあるのですが、「最近、劣化したんじゃね!?」とも言われています。

 

おそらくですが、目元を見てみなさん、そのように言っているのだと思います。

 

劣化_宮崎あおい0001

目元にしわが出ていますね。

 

童顔の宮崎あおいさんですが、時の流れには逆らえないようです。

 

笑ったときに目元にしわがよってしまう・・・。

 

宮崎あおいの『鼻』に関するまとめ

●整形したと思われる前は小鼻が大きくどちらかというと、団子鼻という印象だった。

●一時期は「それ、息据えるの!?」と心配してしまうくらいシュッとしていましたが、最近は謎に元に戻りつつあるという現象が起きているようです。いずれにしても、整形疑惑が出だした2013年後半以前よりは鼻筋が通っているようです。

●『もしかしたら、宮崎あおいさんは2013年後半頃に、かなり高い確率で整形しているかもしれない』と思いました。

●ただし、最近はもとに戻りつつあるという現象が起こっているみたいです。鼻の形をヒアルロン酸等で微調整しているのかもしれない。でも、微調整できるものなのか・・・

宮崎あおいの関連記事

スポンサーリンク



関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る