中田翔のてっぺんハゲ画像がやばい!?金のネックレス姿に賛否両論!?

野球の世界大会のWBCでも神がかり的な活躍で、日本代表の不動のスラッガーになりつつある中田翔選手ですが、見た目は正直なところコワモテですよね。

そんな中田翔選手は27歳ですが、年齢のわりにはハゲているとか薄毛で悩んでいるといった噂がネット上で囁かれていますね。

普段は帽子を被っていることが多いので、あまり意識して頭部を見ていませんでしたが、画像を良く見てみると確かにハゲてきているような感じもするかもしれませんね。

それと中田翔選手は金のネックレスをしていますが、その事についても賛否両論ありましたので、その辺も含めて調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

中田翔のてっぺんハゲが深刻化か!?今現在の頭皮はヤバい!?

 

ネット上で中田翔選手と検索してみると、てっぺんがハゲてるといった記事が多く見られましたが、実際のところ、「てっぺん部分のハゲはみんなの思い込みだろ!」って思いました。

 

まぁ、ハゲてるっていうのも正直言うと大きなお世話ですが、言われてみると気になるのが人の常ですよね。

私が中田翔選手の髪ですぐイメージしたのはモヒカンカットでしたが、皆さんも同じイメージではないかと想像します。

 

ちょっと二年前と今現在の画像を比較してみましたが、確かにおデコが広くなっているような感じもしますが、てっぺん部分のハゲはまだ大丈夫だと思う感じですね。

 

ハゲる原因は様々ありますが、中田翔選手はモヒカンなど個性的な髪型にしたり、よく髪の毛を染めていますので、髪に相当なダメージがあるのは間違いないですね。

 

頭のてっぺん部分ではなくて、M字ハゲが進行しているのは確実で、画像を見ると誰でも気付くレベルだと思いますからねぇ。

そういうこともあって、時々、中田翔選手はあえてスキンヘッドにしたりしているのかもしれませんね。

 

誰でも年齢を重ねていけばハゲてきますが、中田翔選手はまだまだ若いのでM字部分のハゲの進行具合が早いように思います。

頭のてっぺん部分のハゲの進行は今のところは見受けられませんね。

 

 

sponsored link

 

 

中田翔が身に付けている金のネックレスに賛否両論!?

 

日本のプロ野球選手の中でもネックレスやブレスレットを身に付けて試合に出ている選手は多くいると思いますが、中田翔選手も金のネックレスを身に付けていますね。

 

この中田翔選手の金のネックレス姿には、ネット上でも賛否両論あるようでしたが、別にネックレス禁止といったルールはありません。

 

批判的な意見としては、「プロ野球のグラウンドは神聖な場所なんだから、もう少し品格も持ってほしいからネックレスはやめてほしい」や「子供も見ているので示しがつかない」といった意見がありましたね。

 

私個人の感想は、ネックレスなどは試合の時は外してほしいなというのが昔からありまして、批判的な考えですが、皆さんはどう思われるでしょう?

 

プロ野球選手は夢を売る仕事だと思いますし、プロ野球を見ている子供達が金のネックレス姿を見て、真似することは大いに考えられますよね。

 

試合以外で豪快に振る舞うのは良いと思いますが、試合中にネックレスなどを身に付けながらプレーするのは、私はやはり反対ですね。

 

賛否両論ありましたが、ネックレスをしていることで気持ちが落ち着いたりして好成績に繋がっているのならアリなのかも・・・とも少し考えてしまいますが。

 

 

中田翔のハゲ具合と金のネックレス姿について調べてみて

中田翔選手のハゲ疑惑について調べてみましたが、画像をチェックしてみると、すでにハゲているというよりは、現在、少しずつハゲてきているという感じでしたね。

 

M字ハゲの危険性が高く、てっぺん部分はまだ大丈夫そうです。

確かに刈り上げも豪快にしている感じですから、ハゲてこないほうが不思議かもしれませんし、この先ますますハゲが進行していくのか心配になったりもしました。

 

それと金のネックレス姿には、どちらかというと批判的な意見が多かったと思いますが、ネックレスはネックレスでも金ってとこが目立ちすぎて賛否両論あるのかもしれませんね。

 

こういった批判的な意見も、中田翔選手がもっともっと好成績を収めたら静かになるような感じもしますので、ますますの大活躍を期待したいところですね。

 

■中田翔の関連記事
中田翔の嫁の顔写真が表に出ない理由や出身大学は!?父親は共政会幹部!?

 

スポンサーリンク



関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る