カズレーザー数々の事件とは!?事故物件の自宅に住んでいる理由とは!?

お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーさんといえば、真っ赤な服装と金髪姿のインパクトが絶大な人気絶頂の芸人さんですね。

そんなカズレーザーさんですが、見た目のインパクトに留まらず、数々の伝説的な事件を起こしていて、ツッコミ所が満載な感じですね。

今住んでいる自宅も事故物件という噂もありますし、本当にある意味で破天荒なのかなとも思ったりしましたので、その理由等について調べてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

カズレーザーの数々の事件のエピソードとは!?


 

カズレーザーさんの事を調べていくと、いろいろな事件のエピソードがありましたが、その中でも特にインパクトの強かったのを紹介したいと思います。

 

私が一番驚いたのはバンダイ事件ですが、漫画でも中々しないようなことを平然とやってのけるところは本当にすごいと尊敬してしまうくらいですね。

 

大学生の就活の時期にバンダイの会社説明会に行ったカズレーザーさんですが、服装は自由で良いとなっていたということで、全身真っ赤な服装で説明会に参加して周囲は騒然としたようです。

 

周りはみんなスーツ姿だったようで、そんな中に真っ赤な男が一人いたらビックリですが、ネット上も騒然としたという逸話がありました。

 

また家庭教師のアルバイトをしても、真っ赤な服装に金髪姿だったらしく、信頼できないという理由ですぐクビになっているようですね。

 

そしてお花屋さんのバイト面接にいったときに、金髪姿をタオルで隠して行ったそうですが、イスに座るときにタオルを取ってしまって長髪で金髪姿がバレて不採用になったという話もありました。

 

どこか嘘っぽい事件話ばかりですが、本当という所がカズレーザーさんの破天荒ぶりを如実に表していますよね。

 

 

sponsored link

 

 

カズレーザーは事故物件の自宅で、男性と同棲していた!?


 

カズレーザーさんを調べていくと、新宿の事故物件が自宅だという書き込みが多くありましたが、真相はどうなのか気になるところですよね?

 

事故物件とは人が亡くなったことがある物件をいいますが、普通は抵抗があってあまり住みたくないところですが、カズレーザーさんは平然と住んでいるようですね。

 

西新宿で家賃は通常の半額の3万7000円のようで、どうやら畳に亡くなった方のシミが残っていたので家賃が半額くらいに安くなっているといった話もありました。

 

ですが、カズレーザーさんは全く気にすることなく、シミがある畳を交換することなくそのまま暮らしているような話もあります。

オバケよりもカズレーザーさんの方が怖いですね(笑)。

 

普通の人は嫌がる事故物件に畳も変えずに住んでいる理由は、やはり家賃が安いからのようです。

今はブレイクしてギャラもそれなりに貰っているだろうから、自宅を引っ越せば良いのに、それをしないのは節約家だからでしょうか?

それともやはり破天荒な性格が理由なのでしょうかね?

 

この事故物件の自宅には、後輩芸人のフカミドリの矢巻駿さんと同居しているようですので、事故物件でも二人で住んでいたらあまり怖くないのかもしれませんね。

 

バイセクシャル疑惑のあるカズレーザーさんとひとつ屋根の下で暮らすのは危険な香りがするのは私だけでしょうか?
カズレーザーの出身地は?中学・高校・大学までの学歴は!?バイセクシャルは嘘!?

 

私も真相を確かめようと思って、大手事故物件サイトで検索してみましたが掲載されていないようでしたが、信憑性は高そうな話かなとも思いました。

 

 

カズレーザーの事件の数々と事故物件を調べてみて

カズレーザーさんの事を調べてみての一番の印象は、真の破天荒といった感じがとてもしましたが、良い悪いは別にしても、どこか共感してしまう芯の強さも感じました。

 

どこか今の世の中は、人と違うことをしたがらないというか、なんとなく生きているような人が多いような感じもしますが、まっすぐなカズレーザーさんを見ていると考えさせられる所がありますよね。

 

破天荒だとは思いますが、本当に心に響くような名言も多く話しているカズレーザーさんですので、是非一度はチェックしてほしいですね。

これからもカズレーザーさんにはブレイクしても、ありのままの姿で頑張っていってほしいと思います。

 

■カズレーザーの関連記事
高学歴のカズレーザーは高校時代から今のキャラ!?バイト経験が普通じゃない!!

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る