エンタメ

坂上忍に逮捕歴だって!?テレビの威圧的な態度が嫌い!!何様なの!?

0

現在、メインMCの多くを務める坂上忍、皆さんも一度は番組を拝見したことがあるのではないでしょうか?

お昼の情報番組『バイキング』や、『好きか嫌いか言う時間』等でズバズバと物を申す坂上忍のことを「何様?」と思って嫌いな人、結構いますよね!

むしろ今まで、普通の俳優さんでしょ?っと思っている方、是非知っていただきたい!

幼少期、子役としてデビューし天才子役の名をもらった彼が、再びスポットライトを浴び始めたのは2000年を過ぎた辺りから。

子役デビューからその後テレビに再び表すまでの空白の時間に何があったのか調べてみると・・・。

 

スポンサーリンク

 

坂上忍に逮捕歴だって!?


「何様?」と思うくらいあれだけ、テレビで好き放題他人に毒を吐いている坂上忍さんに逮捕歴があるなんて、驚きました!

 

子役のイメージが抜け出せず、苦しんでいた彼が1988年の映画「クレイジーボーイズ」でヤクザ役を演じ、ようやくこれからっと言うときに逮捕事件は起きたのです!!

 

1995年、飲酒運転をし、電柱に激突!根元からポッキリ電柱を折った挙句、大破した車で逃走!!

 

パトカーと20分間カーチェイスになった末、現行犯逮捕となったのをご存知でしょうか!?

この事故で、半年間謹慎処分を受けたようです・・・。

 

それにしても20分も逃げ回るなんて、相当捕まった後のスキャンダルにビビってたんでしょうね。

テレビに出ている自分に逮捕歴がつくんだから、一般の人よりも焦るのは分かるけど、逃亡するのはダメですよね。

 

今となっては毒舌・独身を売りにしている坂上忍、実は世間からは批判的な声が多いようです!!

 

 

sponsored link

 

 

そもそも、テレビの威圧的な態度が嫌い!!あんた何様?

 

同じ毒舌タレントでも、有吉弘行は好きだけど、坂上は嫌いって人結構多いみたいです!
テレビの発言も、何故か自分の好みや選りすぐりで喋ったり、「どうなんだよ!!なあ!」と相手を半ば威圧的に脅して意見を言わせていたりしていて、見てるこっちからしたら「あんた何様なの?脅されてる人可哀想・・・お前の意見なんてどうでもいいよ・・・。」と感じることもあります!

 

2012年に毒舌タレントとして出てきてから、テレビの共演者に対しても「俺、お前の事嫌い!」「ブスは嫌いだから」っと、ストレートに言ったりしていて、そういう意味では「惹きつける」かもしれませんが、そう言った惹きつけ方は、やはり敵をつくりやすいですよね!

 

威圧的な態度の人に魅力を感じる人なんていませんからね。

バイキングの榎並アナウンサーも、生放送中、威圧的な態度で弄られることが多く、そのいじり方も悲惨です。

 

「最近仕事の後で、自分の仕事ぶりに悔しくて勝手に泣いたらしいじゃないか!?どうなんだよ!」と、坂上が問うと榎並アナウンサーは声を震わせて「ハイ、くやしくて・・・。」と鼻をすすり、うつむいてしまったのです!

 

 

泣いてしまった榎並アナへ慌ててフォローに入っていましたが、この時大笑いをしたり、口を押えて笑いをこらえていたり、毒舌を通り越して坂上忍の腹黒さが伺えました。

 

筆者も坂上忍さんのこういう人に対して威圧的なところが本当に嫌いです。
「何様なの?」と思ってしまう。

 

人を煽って泣かせた挙句、笑うなんて失礼極まりないですね。
まるで子供がMCをしているような番組になり下がってしまった・・・人として何様なんでしょうか。

 

人によっては、坂上忍さんが映っただけでテレビを消す・チャンネルを変える人もいるようですが、無理ないですね。

本人は楽しいんでしょうが、見ている側の気分が悪くなります。

 

さらにギャンブル・タバコ・酒好きということで、「男臭」をまったく隠さずにいるのも、嫌われている要因になっているようですね。

そういう意味では、有吉弘行が禁煙して成功したっていうのはポイントが高く、愛煙家の坂上と比較されて人気が上がっているんでしょうか!

 

 

まとめ

 

交通事故を起こして、逮捕歴があったたなんて今となってはそんな過去があったことを微塵も感じさせない坂上忍。

このままテレビに出続けても、威圧的な態度での毒舌タレントを脱しない限り、イメージは下がり続けるに違いありません。

 

「僕、タバコ辞めました!」とかイメージアップができれば、女性ファン(視聴率)も少しは増えるでしょうが・・・。

出演者達を、切って切って切りまくっていると、いつか、天狗になった鼻をへし折られる日がくるかもしれませんね!

 

以上、坂上忍の過去の逮捕歴と坂上嫌いが世の中多い事実がわかる話でした!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

About the author / 

poccyary

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

sponsored link

お問い合わせ

sponsored link