内川聖一の嫁は広島カープのファン!?子供は現在何人いるの?

ソフトバンクホークスで活躍している内川聖一選手は、現在の日本のプロ野球を代表するスター選手ですよね。

あまり野球に興味がない人でも、「アゴがシャクれた人でしょ?」という印象を持っている人が多いですよね。

2017年のCSシリーズでは4試合連続ホームランという史上初の快挙を達成してMVPにも輝いていましたから日本シリーズでの活躍も期待できそうですね。

そんな内川聖一選手のお嫁さんはどんな方なのでしょうか?
また、現在子供は何人いるのでしょうか?

 

スポンサーリンク



関連記事(一部広告含む)

 

内川聖一の嫁は有名アナウンサー!!実は広島ファン!?

 

2017年現在、内川聖一選手は2000本安打まで秒読み段階に入っていますよね。

お嫁さんはフジテレビのアナウンサーだった長野翼さんです。

 

二人の出会いは長野翼さんが内川聖一選手にインタビューしたことがきっかけです。

そこから交際がスタートして8ヶ月後には婚約していましたね。

なかなかのスピード結婚ではないでしょうか?

 

やはりプロ野球選手は女子アナウンサーから取材を受ける機会も多いですからねぇ。

女子アナと結婚する人が多いですよね。

女子アナと自然と仲良くなって結婚までできちゃうのはなんだか羨ましいです(笑)

 

お嫁さんの長野翼さんは愛媛県の出身です。

そういうこともあって、大の広島カープのファンだったそうです。

だから、ソフトバンクの内川聖一選手は複雑な気持ちを抱いていたかもしれないですよ。

 

内川聖一選手が横浜からFA宣言したときに、実は広島カープとも交渉していたという噂もありました。

しかし、結局ソフトバンクに移籍が決まったので、嫁の長野翼さんも福岡に行くためにフジテレビを退社しています。

 

内川聖一選手が横浜からFA宣言したときに、実は広島カープとも交渉していたという噂もありました。

結局ソフトバンクに移籍が決まって長野翼さんも福岡に行くためにフジテレビを退社していますね。

 

内川聖一選手の実力の秘密は、当然本人の努力もあるでしょうけど、家族の支えがあるからこそではないでしょうか?

毎年安定した成績を残せていますよね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

内川聖一と嫁の長野翼の間には2017年現在子供は何人いるの!?

 

内川聖一選手と長野翼さんとの間には二人のお子さんがいます。

 

一人目は2012年に産まれていて女の子だったそうです。

そして2017年の1月には男の子が産まれていますね。

 

内川聖一選手は子供が生まれて以来、以前にも増して気合いが入っていて打ちまくっていたのかもしれないですね。

 

少し余談なのですが私も学生の頃は野球部に入っていました。

打席に立ったときに体にボールが当たった時のあまりの痛さに、心が折れてしまい挫折した苦い記憶があります(笑)

私からするとプロ野球選手はあれを何年も続けていると思うと、それだけで尊敬の対象ですよ。

 

正直なところ、二人の子供は内川聖一選手みたいにアゴがシャクれなければいいなと思っています。

 

男の子の子供はアゴがシャクれていても大きな問題ではないかもしれませんが、女の子の子供はできれば長野翼さんに似て綺麗な美人になってほしいと願ってます。

 

女の子のシャクれは、本人がかなりコンプレックスに感じそうだし。

 

そういえば、実は内川聖一選手のアゴが曲がっているのは病気が原因だったと言われているのは知っていましたか?

 

試合でホームランを打ったときにもアゴをアピールしていたので、実は病気が原因だなんて想像してなかったのですが、そういうことみたいですよ。

 

アゴが曲がって神経が圧迫されて体調不良になったことがあるんだとか。

 

アゴが激しくシャクれているとそういうこともあるの??

ちょっと普段が大変だよね。

 

その体調不良は、手術はせずに噛み合わせを矯正して克服していました。

とは言っても、最近の内川聖一選手を見ると、むしろ以前よりアゴが曲がっている感じに見えるのは私だけ??

本当は、以前よりアゴのシャクれは改善されているんだろうけどね・・・。

 

 

内川聖一と長野翼の馴れ初めと子供について調べてみて

内川聖一選手とお嫁さんの長野翼さんについて調べてきました。

大活躍の原動力は嫁の長野翼さんのサポートが大きいと思いました。

 

内川聖一選手は、2017年現在、ソフトバンクの中心選手として大活躍していますが、子供の頃には難病を患っていて歩くことも困難だったんですよ。

そういうことを知ると、ますます今の大活躍はすごいと思いましたね。

 

横浜ベイスターズの大ファンの私としては、ソフトバンクに移籍してからの大活躍は少し複雑な気持ちもありますが、今後も日本のプロ野球を引っ張っていってほしいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る