横綱鶴竜に引退勧告か!?「引退しろ」との厳しい声も!嫁の国籍は日本人?モンゴル人?

モンゴル出身横綱の鶴竜は4場所連続休場中で、引退の危機に晒されていますね。

同じモンゴル出身横綱の日馬富士が下位力士に暴行して、揺れる大相撲界で鶴竜の存在がより大きくなってきていますね。

そこで鶴竜の引退危機の理由や、嫁の国籍や人柄について調べて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

横綱鶴竜に引退勧告か?次の場所は進退のかかる場所に!?

 

横綱の鶴竜はケガは深刻で2017年はほぼ相撲を取れない状況が続き、横綱としての責任を果たしているとは到底言えません。

 

横綱は大相撲の最高位で神様とも言われますが、その変わり常に好成績を出さないと若くても引退勧告される厳しい立場です。

 

唯一横綱は番付が下がらないので、いくら休場しても横綱のままでいられるので、全力士の模範にならないといけません。

 

すでに鶴竜には世間から早く引退しろとの厳しい声も出ていて、次に出場する本場所で好成績を納められなかったら引退せざるを得ないと思います。

 

大相撲は1年間で本場所が6場所あって、その他に日本全国を周って巡業があるので、力士がケガをしてしまうのも無理はないと思います。

 

また、日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件を受けて、鶴竜に対しても「引退しろ!」という意見が多数ありますね。

やっぱり引退しろという意見多いですね。

どちらかというと鶴竜は寡黙なタイプで、相撲でもあまり気迫が見えない感じがありますよね。

もし、引退勧告をまだ受けないようであれば、来場所は気迫を全面に出して強かった時の鶴竜の相撲を見たいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

鶴竜の嫁の国籍は日本人?モンゴル人?

 

2015年の2月に結婚している鶴竜の嫁は、同じモンゴル人のダシニャム・ムンフザヤさんで、鶴竜より6歳年下になります。

 

日本人女性ではなく、モンゴル国籍の女性と結婚していたんですねぇ!

 

初めての出会いは2013年に知人を介して出会っていて、当初は日本とモンゴルの遠距離恋愛でしたが、2014年にムンフザヤさんが日本に来て同棲生活していますね。

 

結婚後すぐに第一子の娘さんが産まれているので、言わゆるデキ婚でしたが、寡黙な雰囲気の鶴竜も中々やるなと感心しましたね(笑)

 

将来は鶴竜が日本に帰化して親方になったとしたら、嫁のムンフザヤさんは部屋の女将さんということですが、鶴竜いわく明るい性格とのことなので問題なさそうですね。

 

少し余談ですが、いつも私は思うんですけど・・・、
モンゴル出身力士は日本語が本当に上手なのはどうしてか気になって仕方ありません。

外国語を覚えても、あんなに流暢にしゃべれませんよ、普通。

うーん、謎。

実はみんな語学の天才なのかな?

 

ちょっと、脱線しましたが、このように鶴竜のお嫁さんの国籍はモンゴルだったわけです。

日本人ではなかったんですね。

 

 

鶴竜の引退勧告の噂と嫁について調べて見て

 

横綱鶴竜の引退勧告の危機について調べましたが、次に出場する本場所での成績次第では引退勧告は間違いなくあると思います。

日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件以降、モンゴル力士に対して冷たい視線があります。

そんな中での相撲ですから、横綱として鶴竜の次の場所は人生をかける大一番になるでしょう。

「引退しろ」という意見が多数ありますが、まだ産まれたばかりの娘さんのためにも鶴竜には横綱として、もうひと踏ん張りして頑張ってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る