全国都道府県対抗女子駅伝2019の優勝候補を予想!!展望が楽しみ♪

毎年、熱い激戦が繰り広げられている全国都道府県対抗女子駅伝の季節がやってきました。

中学生、高校生、大学生、そして社会人が9区に渡って激走します。

年齢を超えて、都道府県の中でも強い選手を抜擢して行われる全国都道府県対抗女子駅伝ですが、今回もどんなレースが見られるのかが楽しみですね。

2019年1月13日の12時半から開催される全国都道府県対抗女子駅伝の優勝候補を予想していきます。

 

スポンサーリンク

 

全国都道府県対抗女子駅伝2019の優勝候補予想①「兵庫県」


引用:https://i.ytimg.com/vi/2yoY1-S7X7E/maxresdefault.jpg

 

2019年の全国都道府県対抗女子駅伝の優勝候補筆頭にあげられるのは、兵庫県です。

2018年覇者の兵庫県は、駅伝王国と呼ばれるくらい、選手層が厚いんです。

特に期待ができるのは、中学生の区間です。

中学生が走る区間は2ヶ所ありますので、チームに2人、中学生が入ることになります。

2019年に兵庫県にエントリーしている中学生ランナーは、どちらも区間賞が狙える記録の持ち主なんですね。

区間賞が狙える程の実力のある中学生が2人もいるのは、兵庫県にとってかなり有利になるのではないでしょうか。

ただ、前回大会で高校生ながら、社会人が多く走る1区で区間5位の成績だった田中希実選手が、トラック競技に専念しているという情報もあり、彼女が出場しないとなると、厳しいのではとも言われています。

兵庫県の優勝には、田中希実選手の出場が鍵を握っているかもしれません。

 

全国都道府県対抗女子駅伝2019の優勝候補予想②「京都府」

次に優勝候補予想であげられるチームは京都府です。

京都府は過去36回、大会が開かれているなか、何と16回も優勝している実力の高いチームです。

優勝経験の多いチームということは、それだけ選手層が厚く、実力を持っている証拠でしょう。

京都府は社会人に良い選手が揃っていて、実業団対抗で行われるクイーンズ駅伝でも良い成績だったワコールの山麻緒選手やヤマダ電機の筒井咲帆選手が控えています。

実業団で駅伝の有力選手がいるのは、京都府にとってはかなりの強みになります。

逆に中学生や高校生に突き出た期待の選手が少ないのが不安材料と思われますので、2019年の優勝候補予想の2番目にあげました。

しかし、それでも実績では他のチームより豊富ですので、優勝には間違いなく絡んでくるでしょう。

 

全国都道府県対抗女子駅伝2019の優勝候補予想③「神奈川県」

そして優勝候補予想で外せないチームがもう1つあります。
それは神奈川県です。

2018年は残念ながら中学生がブレーキとなってしまい、6位という結果でした。

しかし、神奈川県には2019年のクイーンズ駅伝で区間賞を獲得したパナソニックに所属している森田香織選手と堀優花選手が揃っています。

現在のところ、クイーンズ駅伝でもチームに大きく貢献したパナソニックの2人が好調のようですので、社会人枠の中では、都道府県別に見ても、実力がナンバーワンといえます。

また、白鵬女子高所属の吉村玲美選手も前回大会で区間賞を獲得していますので、高校生にも期待ができます。

神奈川県のポイントは、中学生に有力選手が少ないことですので、社会人や高校生でいかに貯金を作って、フォローできるかが、優勝の鍵となるでしょう。

 

他のチームは優勝候補予想から外れる?

兵庫県、京都府、神奈川県以外のチームは優勝が厳しいのかというと、そういうわけではありません。他にも長崎県や愛知県など、強豪チームがひしめいています。

駅伝は9区間に及ぶ長期レースですので、どんなドラマがまっているのか、予想している私にも全く、読めません。

もしかしたら、思わぬダークホースが潜んでいるかもしれませんので、どのチームが優勝してもおかしくありません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

全国都道府県対抗女子駅伝2019の優勝候補を予想してきました。

有力候補は兵庫県、京都府、そして神奈川県です。

しかし、他の都道府県にも沢山、良い選手はいますし、実力を兼ね備えているチームもあります。

更に、駅伝は襷を繋いで、チームで優勝を目指すスポーツですので、毎年、様々なドラマが生まれます。

優勝も凄く大事ですが、何が起こるのか、今年もドラマが展開されるのかにも注目してご覧いただきたいです。

どのチームも悔いのない激走を繰り広げてくれることを期待しています。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る