恵方巻きの意味や由来は!?保育園の子供に下ネタ説は隠すべき?

日本にはいろいろな季節行事がありますよね。

私は季節を感じられる行事などを家族で感じるのが好きです。

昔はそんなに耳にしなかったのに、最近ではメジャーなものもいくつかありますよね。

ハロウィンなどもそうですが、恵方巻きもですよね。

そもそも恵方巻きの由来やいつから食べるようになったのかなど気になりますよね。

そこで、今回は恵方巻きの意味や由来についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク



関連記事(一部広告含む)

恵方巻きの意味や由来は?

恵方巻きと一言で言っても今はいろいろな種類の具材が入ったものが出ていますよね。

その形は巻き寿司。

今は節分に恵方を向いて無言で食べると縁起が良いとされる巻き寿司のことを恵方巻きと言います。

そもそも恵方巻きの由来はいくつか諸説があり、どれも正確ではありません。

いくつか簡単にあげてみるとこのような説があります。

  • 節分のころは新しい香の物が漬かる時期で、香の物入りの巻き寿司を切らずに恵方を向いて食べ縁起をかついだことからとする説。
  • 戦国時代の武将が節分の日に丸かぶりして出陣したら戦に勝利し、以後縁起をかついだとする説。
  • 大阪・船場で商売繁盛、無病息災、家内円満を願って食べたのが始まりとする説。
  • 大阪・船場の色街で、節分に遊女に巻き寿司を丸かぶりさせて、お大尽遊びをしていたことからとする説。

しかしどの説も巻寿司と言っても、太巻きなのか、細巻きなのかすら、明確な文献は無いんです。

では、どうしてこんなに恵方巻きが広まったのか。

1989年にセブンイレブンが「大阪には節分に太巻き寿司を食べる習慣がある」と言うことから販売促進手段として「恵方巻」と言う名称を付け仕掛けたのが全国に広まるきっかけとされています。

その前にも節分に巻き寿司を食べる習慣はあったのですが、「恵方巻き」と呼んでいたとされる文献はありません。

コンビニの広告の影響は凄いですよね。

さかのぼると大阪の鮓(すし)商組合が土用の丑の日に鰻を食べる習慣に対抗して「節分の丸かぶり寿司」を広告したこともあるようです。

何だかサンタクロースの「赤い服」に似ていますよね。

企業の販売促進戦略だったものが、いつの間にかしっかり季節行事やイメージとして根付いていく。

もともと「丸かぶり」と言う表現が近畿地方のものとされ、大阪発祥の風習と言われています。

実際に面白い統計があり、「恵方巻き」に対する認知度は現在90%近くに及ぶのに対して、「実際に食べた」と答えた人は5割程度。

関西・中国・四国地方は「実際に食べる」が半数以上に対して、関東では6割が「食べない」と答えたとされる調査もあります。

こうしてみても関西発祥なんでしょうね。

私自身は中国地方出身、主人は四国地方出身ですが小さいころに節分に恵方巻きを食べていた記憶はありません。

それでも節分行事に何をするかの調査では、最近では豆まきを超え、「恵方巻きを食べた」と答える人が多いと言われているくらいです。

いかに実際の由来より、企業広告のイメージの方が強いかを感じます。

保育園の子供に下ネタ説は隠すべき?

そもそもの由来が諸説あり、どれも明確ではないのですから、下ネタ説は話さなくても良い気がします。

「遊女」なんて言葉自体、当たり前ですがわからないでしょうし。

今は「節分の夜に、恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじりし、言葉を発せずに最後まで一気に食べると願い事がかなう」とされているので、「恵方」について話せれば良い気がします。

また、節分に食べるのですから、節分についても話してあげることが出来れば、子供たちもわかるかもしれませんよね。

それぞれの意味を少しあげてみますので、子供たちには言葉をくだいてわかりやすく伝えることをおすすめします。

恵方

まずは「恵方」。

恵方とは歳徳神(としとくじん)の在する方位を言い、その方向に向かって事を行うと万事に吉とされています。

歳徳神は、陰陽道で、その年の福徳を司る神とされます。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki

恵方詣りは、現在あまり行われなくなった慣習ですが、古来正月行事の一つでした。

元旦に居住地から見てその年の恵方にあたる社寺に参拝し、その年の幸福を祈願するもの。

関西地方では節分に盛んにおこなわれていたそうで、恵方巻きは「節分」と「恵方」が結びついたとも言えますよね。

節分

子供たちは保育園で豆まきをする「節分」。

毎年我が家も「鬼が来てこわかった!」と泣いた話を子供から聞きます。

節分は雑節と言われる、季節の移り変わりをより適確に掴むために設けられた、特別な暦日のことです。

雑節には9つありますが、他に彼岸や八十八夜、入梅、土用などもそうです。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていたことから、それを追い払うための厄除けなどを行います。

一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆(煎り大豆)をまいて、年齢の数だけ豆を食べます。

一つ多く食べると体が丈夫になり風邪をひかないとも。

確かに季節の変わり目は体調を崩しやすいものですよね。

昔から無病息災の願いは一緒ですよね。

私は歳の数食べるのが、そろそろ大変になりつつあります・・。

スポンサーリンク

恵方巻きの具材は?

恵方巻きの具材は何を入れれば良いのでしょうか?

本来、商売繁盛や無病息災を願うことから、七福神にちなんで7種類の具材を使い、福を巻き込むと意味付けされていました。

7種類の具材は決まっているわけではないようですが、代表例が・・・

  • かんぴょう
  • きゅうり
  • 伊達巻(だし巻)
  • ウナギ(アナゴ)

などが語源由来によるものだそうです。

今では豪華な具材が入ったものや、スィーツの恵方巻きも販売されていますよね。

ご家庭で作るのも良いと思います。

なんせ市販されている恵方巻きだと、子供たちには少し大きく、黙って食べるには難しい。

「豆まき」で大騒ぎした後に、そのまんまのテンションで黙って食べるなど、我が子させるには至難の業。

そうじゃなくとも黙って食べるのは難しい3歳、6歳。

子供用を作ろうと思います(笑)。

今年の恵方は?

2019年の恵方は『東北東』。

今年は2月3日の節分に、「東北東」を向いて願い事を思いながら恵方巻きを家族で食べてみようと思います。

我が子たちはどんな願いをするのか楽しみですが、まずは黙って食べられるか(笑)。

意味や由来は諸説あれど、家族で楽しむ行事と考えれば、それはそれで楽しいですよね。

やっぱり「鬼」はパパでしょ!!

まとめ

  • 恵方巻きの由来はいくつか諸説があり、どれも正確ではありません。
  • 子供たちにわかりやすく伝えるには「節分」にちなんで話すのが良いかもしれません。
  • 今の恵方巻きの意味は「節分の夜に、恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじりし、言葉を発せずに最後まで一気に食べると願い事がかなう」とされていますから、下ネタは伝える必要が無いと思います。
  • 「恵方」とは歳徳神(としとくじん)の在する方位を言い、その方向に向かって事を行うと万事に吉とされています。
  • 2019年の恵方は『東北東』。

まずは我が家の東北東がどちらになるのか、です!

今は方角アプリなどもあるので活用してみると良いですよね。

その前に、我が家は七草粥を食べます!

お正月明け、胃が疲れた頃の七草粥が大好きです。

ずっと小さいころから母親が作ってくれていました。

私の母親は季節を感じる日本古来の慣習などを大切に行ってくれていましたので、私も同じように子供たちにしています。

恵方巻きも同じように親から子供へ伝わっていくものになると良いですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る