ホワイトデーに彼女に使うべき予算は?~社会人編~

最近本当に寒いですね。

彼女がいる男性は、バレンタインデーに彼女からがチョコレートをもらった方が多いでしょう。

そこで、今回はホワイトデーに彼女にお返しをする男性向けに、彼女に使う予算を考えていきたいと思います。

なぜ予算なのか?それはクリスマスと断然違うからです!

社会人のクリスマスとなればカップルによりますが、お互いに予算は2~3万は超えることが多いと思います。

しかし、それはプレゼントの内容が相手のほしいものだからこそ値段が張っていくのです。

しかし、ホワイトデーは違います。

あくまでもバレンタインデーのお返しです。

バレンタインデーに彼女にもらったものは様々だと思います。

手作りチョコや洋菓子店のチョコ、または趣味に関する物をもらったかもしれません。

ですので、もらったものに関するお返しに妥当な予算はいくらかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

ズバリ!予算は5000円!!!

これはかなり妥当な値段といえましょう!

まあプラスアルファを考えても5000円以上10000円以下で充分です!

特に彼女からバレンタインに手作りものをもらった場合、5000円から7000円が妥当ではないでしょうか。

洋菓子店販売の物はピンからキリまでのものが多いです。

しかし、それでも5000円超えれば一般の会社員にしたら充分すぎる値段のバレンタインなので、ホワイトデーも5000円~10000円でしょう。

問題なのはバレンタインに自分の趣味のものを彼女から貰った場合です。

趣味によっては万を超す勢いのものをかなり多いからです。

彼女はクリスマスにも大枚をはたいた上で、さらにバレンタインでも大枚をはたいたということです。

そのような場合はしっかり彼氏もホワイトデーに大枚をはたいて誠意を見せましょう!

ホワイトデーは相手に合わせるべき!!

これは何を言いたいか?

それはいっそホワイトデーは相手に任せても良いと言うことです。

いっそ何がほしいか聞きましょう。

例えばですが花束をあげたとしても、よっぽどの花が好きでなければ世話はかなり億劫です。

もしマカロンやケーキをあげたとしても相手の年齢が若ければいいですが、微妙なラインになってきたら非常に体型にシビアになりますので嫌がられてしまいます。

特に着眼すべき点は社会人という部分です。

大抵の方はお金に余裕が学生のころよりありますし、新卒でもその時期に関しては収入に慣れてきたしかり、冬のボーナスもらってしかりの状態です。

それも趣味に使っている可能性が高くお菓子や花よりそちらの方が好まれる可能性が高いのです。

ですので、いっそのことほしいものを聞いてみましょう!

上記のように洋菓子店や手作りであげたのであれば、彼女側もそこまで高い金額のものを望まないでしょう。(望んで来たらあなたはカモにされてるかも…..)

何でも良いと言われたら予算も言えば、あちらもほしいものが検討つきますので何がほしいか、予算についても明示するは行いましょう。

ちなみに筆者に関しては彼女が紅茶が好きなので、それを買おうとしたらいらないと言われました。(もうたくさんあるからという理由で)

しかし、紅茶の茶葉を入れても平気なように茶漉しつきの水筒をねだられたりしました。

スポンサーリンク

バレンタインデーに高価なものをもらったら….

まああまりバレンタインに高価なものをもらうことはないですが、少しばかり重い女性だとありえなくはないですね!

もしバレンタインデーに高価なプレゼントをもらっていたら、同レベルの値段の物をホワイトデーにお返ししましょう!

その場合はできるだけほしいものを聞かない方がいいですね。

遠まわしに聞いてサプライズであげる方が確実に喜ばれます。

もしバレンタイン近くが自分の誕生日なら予算は5000円程度で、上記のような同レベルのものをあげなくても大丈夫です!

プレゼントはあげなくても・・・

ホワイトデーにものをプレゼントするだけでなくても女性は喜びます!

例えば夜景の綺麗なレストランとかロマンチックな雰囲気を演出するだけでも、かなりのお返しと言えます!

他には夜景の綺麗なホテルに泊まるなどなど、演出は多岐に渡って可能です!

特にインスタ映えするような場所が高確率で女性に喜ばれますので、彼女が特にホワイトデーのプレゼントでほしいものがなければ、美味しいものとロマンチックな場所にデートに連れて行ってあげるというのは効果的です。

しかし、これに関してもバレンタインに相手から割と高価な物を貰った場合にしておきましょう。

レストランなどが良い場合は合計1万円のディナーであれば、夜景はなくとも美味しいものは確実に食べられますので入念に準備しましょう!

まとめ

今回の記事はいかがでしょうか?

社会人対象なだけあって、大学生とは違いお互いにお金がある状態です。

ホワイトデーのお返しとしては、高級な洋菓子店だけでなくとも趣味に関するプレゼントや美味しいものを食べに行くことでもかなり喜ばれます!

特に予算は5000円~10000円であれば満足いく可能性が高いですので、ぜひ彼女にほしいものを聞いてみてください!

ぜひ彼女とホワイトデーをお楽しみください!

スポンサーリンク



関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る