菅田将暉の現在の彼女は二階堂ふみ!?本名から韓国人疑惑が!!

現在、実力派若手俳優として大人気の菅田将暉さんですが、女優の二階堂ふみさんとデートしていたと噂になっています。

普段から菅田将暉さんと二階堂ふみさんは仲が良いのは有名な話です。
男女関係で付き合っているのか、普通の仲の良い友達なのかが気になりますよね。

また、菅田将暉さんの本名が韓国人っぽい名前なので、「実は韓国人では?」といった噂もありましたので、その辺りのことを調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

菅田将暉の現在の彼女は二階堂ふみ!?というのは実はフェイクで本命がいる!?

 

菅田将暉さんと二階堂ふみさんは二人で喫茶店から出てくる姿を週刊誌にキャッチされています。

この時は俳優仲間の太賀さんの誕生日パーティーで、俳優の門脇麦さんと二階堂ふみさんも同席していたようですね。

 

このことからWデートと報道されました。

この件について菅田将暉さん本人が「二階堂ふみさんは彼女ではなく仲の良い友達」だと話しています。

 

また、以前に東京都内で菅田将暉さんと二階堂ふみさんが路上でゲリラライブをしたんですけど、この時の姿も週刊誌にキャッチにバッチリされていたんですよねぇ。

 

もし本当に二人が付き合っているのなら路上ライブなんてするのか大きな疑問です。

Wデート報道について菅田将暉さんは完全否定していますから、仲の良い友達関係だと思います。

個人的には男と女の友情って本当にあるとは思っています。

 

そして菅田将暉さんと二階堂ふみさんはtwitterにそれぞれ2ショット写真をアップしています。

恋愛感情があって付き合っていたらツイッターなどに2ショット写真なんてアップしないとも思います。

 

このことからもやっぱり二人は付き合っていないと思います。

二階堂ふみさんは菅田将暉さんの彼女ではなく友達でしょう。

 

菅田将暉さんの現在の本命の彼女はおそらく女優の本田翼さんだと思います。

こちらの噂はネットでも週刊誌でもよく取り上げられていますね。

 

 

[ad#co-2]

 

 

菅田将暉の本名は変わってる?韓国人ではないかとの真相は!?

 

人気若手俳優で勢いがある菅田将暉さんですが、「日本人じゃなくて実は韓国人」だという噂が広がっています。

この真相も気になるところ。

 

菅田将暉さんの「菅田将暉」という名前は芸名で、本名は非公開になっています。

 

気になる本名ですが、「菅生 大将(すごう たいしょう)」というのが本名なんです。

かなり変わった名字と名前ですね。

これは病院の診察室で読み方を間違えられるパターンですね。

ここまで読みにくい名前だと、むしろ呼ばれない可能性まで出てくるかも。

 

公式には菅田将暉さんの本名は非公開になっていることや「菅田」という名字が読みづらいことから「菅田将暉は韓国人では?」といった憶測が飛び交ったんでしょうね。

 

菅田将暉さんの両親や出身地を調べてみると、生粋の大阪生まれの日本人でした。

 

まぁ、菅田将暉さんの見た目と雰囲気から韓国人だと言われてもしょうがないかなぁとも思ってしまう部分もあります。

 

あと公式には本名を非公開にしている理由についても触れておきます。

 

菅田将暉さん本人は本名での芸能活動を希望していたそうです。
ただ、あまりにも読みづらい名字でしたので菅田将暉という芸名をつけたという話です。

 

いたって単純な理由でした。

 

菅田将暉という芸名は姓名判断でとても良い漢字だったようで、出世・大物・成功という意味合いがあったのでこの芸名になったそうです。

 

いやぁーそれにしても菅生 大将(すごう たいしょう)という本名は本当に珍しいですよね。
なかなか聞かない読み方です。

 

調べてみたら菅生という名字は日本全国に5000人くらいしかいなくて非常に珍しい名前でしたね。

 

 

菅田将暉と二階堂ふみの関係と韓国人との真相を調べて見て

菅田将暉さんの彼女が二階堂ふみさんという噂について見てきましたが、二人とも完全否定していて良き友達だというコメントを残しています。

 

菅田将暉さんは「数少ない女性友達」と話していることからも彼女ではないというのが正しい感じですね。

 

男女間の友情関係は、ちょっとだけ憧れます。
その関係を築くことは難しいと思いますが、この二人は本当に友情関係のようなので素敵ですよね。

 

菅田将暉さんも二階堂ふみさんも人気者ですが、変に隠すことなくオープンにしている辺りが恋愛関係ではない証拠ではないでしょうか。

菅田将暉さんは、本当に演技力も高くて男っぽい感じのところが見ていて気持ちいいので、これからもどんどん頑張ってほしいなと思います。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る