【京都のスイーツ】グルメ観光でおすすめの和菓子店 – その2

京都のスイーツめぐり第二弾。
今回も美味しい和菓子を頂けるおすすめ店をご紹介しましょう!

さて京都の観光についてですが、神社仏閣は東側と西側に有名スポットが密集しており、ショッピングスポットは中心地である四条河原町に集中しています。

今回ご紹介する和菓子店は京都の中心地でありながら、有名なスポットに隣接していないため、待たずに入れることが多いので要チェックですよ!

 

スポンサーリンク

 

宇治抹茶を贅沢に使ったスイーツ、「丸久小山園 元庵」!

丸久小山園は宇治に本社を構えるお茶屋さんです。

そのお茶屋さんが西洞院通りにプロデュースするのが甘味処の「元庵」(もとあん)です。
「元庵」(もとあん)

 

 

店頭ではお茶や抹茶を使った和菓子等のお菓子の販売をしていますが、奥が喫茶室になっています。

▼美しい中庭が一段と京都を感じさせてくれます。

 

夏は宇治かき氷、冬は抹茶ぜんざいがおすすめ。

▼抹茶ぜんざいはこのような可愛い器に入っています。

 

▼抹茶のほろ苦さと餡の甘さが絶妙なマッチング。

 

▼豪快なかき氷。少し抹茶の苦みが残った優しい甘さで、氷がまた繊細で洗練されています。

 

▼抹茶ロールケーキもおすすめの一品。フォークを入れると、中から抹茶クリームがじわっと溢れ出て来ます。

「丸久小山園 西洞院店」の絶品スイーツは是非一度食べていただきたいです!グルメ観光に是非!
丸久小山園 西洞院店 (茶房 元庵)

 

京の街に溶け込んだ「然花抄院」!

四条通りから北へ歩き、御池通りを渡って室町通りに入ったところにひときわ大きく店を構えるのが然花抄院。
「然花抄院」

昔の呉服問屋の家屋を改装したものとかで、その存在感はまた格別。

 

 

 

▼中に入ると、これまた美しい中庭があります。

 

ここの名物は、紙に包んだまま焼くという独自の技術によるカステラ。
他にもオリジナルスイーツがありますが、オーソドックスにわらび餅を頂きました。

この色、本物のわらびこの証!
中に餡は入っていないので、ほんのりとした上品な甘さです。
これを中庭に面した喫茶コーナーで頂けます。

京都の中心にいながら、ここはすごく静かな一角で、まるで別世界ですね。
一日中いたくなる場所です。

 

 

「然花抄院 京都室町本店」の絶品スイーツは是非一度食べていただきたいです!グルメ観光に是非!
然花抄院 京都室町本店 ぜんかしょういん

 

実力派の老舗、「笹屋伊織」!

JR京都駅から徒歩圏の七条大宮に本店を構える笹屋伊織。
数年前に本社家屋を改築し、今はこのようなモダンな店構えになっています。

女将さんの田丸みゆきさんが、大変に先進的なお考えを持った方で、伝統を守りつつも時代の流れに合ったビジネスを展開されています。
「笹屋伊織」

 

 

 

「笹屋伊織」といえば、「千客万来」や「どら焼き」が有名ですが、本店の喫茶コーナーでしか食べられない生菓子が私のおすすめです。

意外、と言ったら失礼ですが、これが素朴で美味しいのですよ。

▼お抹茶がまた美味しいので、セットで頂きましょう。

 

▼もう一つおすすめのスイーツがこの抹茶パフェです。
どうです、このボリューム?
抹茶ゼリーに抹茶アイスと惜しみもなく抹茶を贅沢に使った一品です。

 

「笹屋伊織 本店」の絶品スイーツは是非一度食べていただきたいです!グルメ観光に是非!
笹屋伊織 本店 (ささやいおり)

 

実は笹屋伊織は大丸京都店の地下に、イオリカフェというモダンな喫茶コーナーを出しています。

ここには生菓子はありませんが、抹茶パフェは頂けます。

そもそも初めて私が口にしたのがこの抹茶パフェで、余りにも美味しかったので絵を描きまして、それを送ったことで女将さんと懇意になりました。

イオリカフェは大丸の中にあるため、休日は混んでいて待ち時間が長いことが多いです。
少し離れてはいますが、本店で本来の伝統和菓子を頂きましょう!

 

▼夏にぴったりの抹茶パフェ。

 

▼女将さんに贈った絵です。

 

「笹屋伊織 大丸京都店」の絶品スイーツは是非一度食べていただきたいです!グルメ観光に是非!
笹屋伊織 大丸京都店

 

スポンサーリンク

 

北野天満宮向かいの「あわ餅処澤屋」

その笹屋伊織の女将さんがおすすめされるのが、北野天満宮の向かいにある「あわ餅処澤屋」。

 

 

北野天満宮は言わずと知れた菅原道真を祀った神社。全国天満宮の総本山です。

学業の神様ということで、特に春は参拝客が詰め掛けます。

ここまで来れば、是非とも立ち寄って頂きたいのがその「澤屋」です。

 

 

小さな町屋風の店内。
注文すると、おじいさんがすぐに粟餅と黄な粉餅のセットを作ってくれます。
数によって450円と600円。

▼素朴で美味しくて、いくつでも食べられそうです。

 

「粟餅所・澤屋」の絶品スイーツは是非一度食べていただきたいです!グルメ観光に是非!
粟餅所・澤屋 (あわもちどころ・さわや)

 

まとめ

今回ご紹介したおすすめ店は、いずれも本格的実力派ながら、一般の観光客にはそれほど知られていません。

観光コースから微妙に外れていることや、有名スポットに隣接していないことが理由だと思われます。しかし、最近は、徐々に観光客が増えていますので、それも時間の問題かも知れません。

今のうちに急いで行っておきましょう!

おさらいで、今回紹介した京都の和菓子店を紹介しておきますね♪
丸久小山園 西洞院店 (茶房 元庵)

然花抄院 京都室町本店 ぜんかしょういん

笹屋伊織 本店 (ささやいおり)

笹屋伊織 大丸京都店

粟餅所・澤屋 (あわもちどころ・さわや)

■京都の関連記事
【京都のスイーツ】グルメ観光でおすすめの和菓子店 – その1

 

スポンサーリンク



関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る