【バレンタイン】社会人の彼氏用チョコいつ買う!?相場はいくら?

節分が終われば、女子の一大イベント、バレンタインは目の前ですよね?

「本命の彼氏へのチョコは、どうしよう?いつ買う?」と迷っていませんか?

また、「社会人の彼氏用のチョコってどれくらいの物をあげるものなんだろう?」と困っていませんか?

社会人の彼氏にバレンタインのチョコをいつ買えばいいのか、相場はどれくらいなのかをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

社会人の彼氏へのバレンタインチョコはいつ買う?

引用:https://ginza-uni-ku.jp/wp-content/uploads/2018/02/4982-1.png

社会人の彼氏へのバレンタインチョコは、いつ買うのがベストなのでしょう。

社会人の彼氏にバレンタインのチョコを買いにいく場合、いつ買うかもポイントなんですね。

大体、バレンタイン商戦は、2月3日の節分が終わったくらいから過熱してきます。

デパートやチョコレート専門店、スイーツのお店などから、スーパーのバレンタインチョコ売り場まで、どこも大体、どこも節分を境に売り出しを開始します。

「でもあんまり早く買っておいても・・・」と思う人もいるかもしれませんが、実は、バレンタインは直前だと売れ残りしかない可能性が高いんです!!

生チョコなど、賞味期限が短い物を考えているのなら、買いに行くのはバレンタイン直前じゃないと、ダメなんですけど、チョコレートは日持ちするものなので、直前に買わないとってことはありません。

しかも人気のあるチョコや数量限定、個数限定のチョコは、かなり早くに品切れしてしまい、再入荷の予定がないというものも多いんです。

そういう点を踏まえていくと、バレンタインのチョコは、節分くらいから、遅くても、バレンタイン当日の1週間前には買っておくことをおすすめします。

あんまり直前だと、売れ残りのチョコしかない可能性もあると覚えておきましょう。

スポンサーリンク

社会人の彼氏へのチョコの相場はいくら?

社会人の彼氏にバレンタインのチョコを渡す時、「みんな、いくらくらいのチョコを渡しているんだろう?」と思いませんか?

そこで、社会人の彼氏にバレンタインを渡すチョコの相場も調べてみました。

一応、高校を卒業してすぐの子も社会人になる場合があるので、10代から見ていきます。

  • 10代の女子・・・500~1500円
  • 20代の女子・・・1000~3000円
  • 30・40代女子・・・5000~10000円

バレンタインの相場はこうなっていました。

10代の女子が低い理由は、中高生もデータに入っているからのようです。

その分、10代の女子は、手作りチョコをあげる傾向が強いみたいですね。

お金をかけられない分、愛情を込めてということなんでしょう。

そして社会人になる20代になるとグッと相場が上がって、1000~3000円くらいがバレンタインチョコの相場のようです。

20代で社会人になるとお給料が入りますので、手作りチョコをあげる割合がちょっと減って、ちょっとお高めのチョコをあげる人が増えるようですよ。

そして30~40代になると相場が更にドドンと上がります。

30~40代になると家庭に入っている女子も多いですが、社会人だと、結構、管理職に就いていることが多い時代なので、手作りチョコを作っている時間がない分、お金をかけたバレンタインをプレゼントする傾向が強くなるみたいです。

バレンタインのチョコを買う上で、参考になればと思って、調べてみました。

念に一度のバレンタインですので、彼氏にちょっと奮発するのも良いのかもしれませんね。

まとめ

バレンタインのチョコをいつ買うか、社会人の彼氏へのバレンタインチョコやプレゼントの相場をお伝えしました。

バレンタインチョコは節分の日を過ぎた辺りから、バレンタイン当日の1週間前には買っておきましょう。

あまり直前に買いに行くとお目当てのチョコが売り切れている可能性があります。

そして社会人のバレンタインチョコの相場は、20代が1000~3000円、30代以降が5000~10000円でした。

女子の一大イベントのバレンタイン、早めにチョコを買って、他の人と差をつけちゃいましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

ページ上部へ戻る