グルメ・イベント

【洋食の食事マナー】食べ終わり時のナイフ、フォークの置き方は!?

0

洋食マナー_0001
現在、日本の都市部に住んでいれば世界中の料理を気軽に楽しむことができます。

とはいえ、会社の会食や打ち合わせ、結婚式などで正式な食事の仕方を求められた場合、その対応に戸惑ってしまうのが多いのではないでしょうか?

今回は洋食の基本的なテーブルセッティングや食事が終わった後のナイフとフォークの置き方についておさらいしておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

洋食の基本のテーブルセッティング

仕事でかしこまった洋食料理店へ行ったとき、結婚式でコース料理を出されたとき等、これらの状況で困るのがテーブルマナーですよね。

洋食の基本のテーブルセッティングを確認しておきましょう!

 

洋食マナー_0002
(引用:TABLEWARE of PANTRY

A:ナプキン B:サービスプレート C:シリアルボウル D:パン皿 E:カップ&ソーサ F:ウォーターグラス G:ジュースグラス H:フォーク I:ナイフ J:スプーン

 

テーブルセッティングの仕方は朝食、昼食、ディナーなどで変化するものなのですが、上の画像はディナーのパターンですね。

どのパターンのであってもナイフやフォークは外側から順番に使っていきます。

もし、間違ってそれ以外のナイフやフォークを使ってしまっても普通はスタッフが補充してくれるので心配ありません。

 

結婚披露宴などで洋食のコース料理を食べる機会があるかと思いますが、席についたときに最初から中心にお皿が置いてあって、その両サイドにスプーンとフォークがあると思います。

 

最初から中心に置いてあるお皿のことを「位置皿」と言って、席の中心を決めるための役割を果たしています。

「位置皿」がテーブルに置いてあるうちは、まだメインディッシュが出されていないことも意味しているんですよ。

 

また、縦に置かれているナイフ、フォーク、スプーン等を全て使い終わったら、メイン料理が終わったことを意味しています。

それ以降は中座しても良いという合図になっているんです。

 


sponsored link

 

ナイフとフォークの使い方は大丈夫!?

ナイフとフォークは洋食を食べるときには使えなければなりませんね。

ナイフは右手に持ち、刃の付け根に人差し指を伸ばして使います。

フォークは左手に持ち、背に人差し指を伸ばして使います。

 

洋食マナー0001

 

両手でナイフとフォークを上手く扱えない時は、ナイフで料理を切ったあとに、ひとまずナイフを置き、フォークを右手に持ち替えても大丈夫です。

そのときのフォークの持ち方は普段スプーンを持つような持ち方でオッケーです。

これなら楽ちんですね。

この持ち方はサラダやライスのようにフォークで刺すより乗せた方が食べやすい食べ物を食べるときにも使えますね!

 

コースの中でパンをいただくことになると思うのですが、それに伴って「バターナイフ」を使うことになると思います。

「バターナイフ」は右手で使い、バター皿から食事中に必要な分のバターをパン皿に載せるときに使います。

バター皿から直接パンに付けないないように注意してください。

 

バター皿から取り出したバターは一旦、パン皿に載せるというのがポイントです。

その後にパンにバターをつけるようにしましょう!

 

食事中や食べ終わった料理に使ったフォークやナイフの置き方もよくわからなかったりしませんか?

食事中の場合、フォークは背を上に、ナイフは刃を手前にしてハの字型にして置きましょう!

中座時も同様です。

 

洋食マナー_0003

 

一方、食べ終わった料理の場合、フォークとナイフを4時の方向にそろえて置いておきましょう。

このとき、フォークは歯を上に向けて、ナイフは刃を内側に向けておきます。

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

 

まとめ

会社の食事会や結婚式などで「正式な洋食のスタイルを身に付けておけば良かった!」と後々後悔することがありますね。

簡単な知識でも知っておくと、あまり緊張せずに料理を楽しむことができると思います。

食事のマナーについて事前に色々と調べてみると、新しい発見があって意外と楽しいですよ!
 

■関連記事
【和食マナー】子どもに食べる順番、配膳、お椀の蓋の取り方等を教えてる!?

【和食】左手を添えるのは日本の食事ではマナー違反!?

【和食マナー】正しい箸の持ち方使い方で子どもとごはんを楽しもう!!

【食事のマナー】洋食のナプキンの使い方は!?スープ音や犬食い姿勢に注意!!

 

スポンサーリンク

About the author / 

poccyary

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

sponsored link

お問い合わせ